Swift実践ブログ

ド文系アラサー社会人が独学でプログラミングを学ぶ記録

fastlaneとは

■はじめに

継続的デリバリーを実現するfastlaneに関して調べてみました。

 

■そもそも継続的デリバリーとは

継続的デリバリーは、継続的インテグレーションを拡張したもので、すべてのコード変更が、ビルド段階の後にテスト環境または運用環境 (あるいはその両方) にデプロイされます。メリットとしては、リリースプロセスの自動化による配信の効率の上がることや、バグの早期発見、迅速な配信等を実現します。

※参考:継続的デリバリーとは?– アマゾン ウェブ サービス

 

■fastlaneとは

「fastlaneは、iOSAndroidの開発者がスクリーンショットの生成、プロビジョニングプロファイルの処理、アプリケーションの解放などの面倒な作業を自動化するためのツールです。」

※引用:GitHub - fastlane/fastlane: 🚀 The easiest way to automate building and releasing your iOS and Android apps

 

■どんなことができる?

スクリーンショットメタデータ、アプリをApp Storeにアップロードできたり、プロビジョニングプロファイルの生成/更新/修復、証明書の作成と管理、iOSアプリ/Macアプリのテストを実行できます。証明書周りの管理をしてくれるのは助かりますね。

※参考:fastlaneの簡単な紹介と使用例 - Septeni Engineer's Blog

 

■おわりに

継続的インテグレーションのサービスである「Bitrise」と継続的デリバリーのサービスである「fastlane」を組み合わせて試してみようと思います。

ちなみに、「fastlane.ci」は、fastlaneとの統合に強みがあることはもちろん、モバイル向けの最適なCIを目指しているとのことなので、早く正式版を触ってみたいと思いました!

※参考:GitHub - fastlane/ci: Open source, self hosted, mobile optimized CI powered by fastlane

 

■関連リンク

継続的デリバリーとは?– アマゾン ウェブ サービス

GitHub - fastlane/fastlane: 🚀 The easiest way to automate building and releasing your iOS and Android apps

fastlaneの簡単な紹介と使用例 - Septeni Engineer's Blog

GitHub - fastlane/ci: Open source, self hosted, mobile optimized CI powered by fastlane